2012年06月18日

島根県産 金時いわし(8匹)【冷凍便】

島根県産 金時いわし(8匹)【冷凍便】島根県産 金時いわし(8匹)【冷凍便】オススメ度:★★★★★

【商品内容】 島根県産 金時いわし(8匹) 【配送方法】配送業者:ヤマト運輸 この商品は… です。   ※同梱される場合は上記の様に同じ便をご利用下さい 【賞味期限】 商品到着日から冷凍で約90日間 出来るだけお早めにお召し上がり下さい 【送料(クール代金込)・代引き手数料】本州、四国、九州:1,050円北海道、沖縄:1,575円※一部離島は別途料金がかかる場合がございます代引き手数料:315円 ■ご質問がございましたらお気軽にお問合せ下さい<大枠キーワード>年内出荷・年内発送・年内・ねんない・年始・年始出荷・年内お届け・年内配送・お得 お徳 徳用・送料無料 送料込み 送料込・お試しセット・業務用・活・リピーター・人気・お試し・試食・緊急・追加・良質・決算・期間限定・贈答用・ギフト・グルメ・送料無料・激安・楽天最安値・最安値・特価・セール・円・OFF・OFF・オフ・割引・期間限定・早い者勝ち・特売・破格・卸値・専門店・業者・歳暮・中元・赤字<商品キーワード>いわし・イワシ・イワシ・iwasi・iwasi・waishi・iwashi・鰯・明太子・めんたいこ・メンタイコ・メンタイコ・menntaiko・menntaiko・めんたいわし・メンタイワシ・menntaiwashi・menntaiwashi・menntaiwasi・menntaiwasi明太鰯・明太イワシ<商品説明>語源は中国語にまでさかのぼることが可能であるが、直接には朝鮮語でスケトウダラのことを「ミョンテ」と言ったのが始まりである。朝鮮半島で作られたスケトウダラの塩漬けは、17世紀に北九州・山口地方へ伝わった。このためこの地方では江戸時代から、スケトウダラを「めんたい」と呼んだ。漢字表記「明太」は朝鮮半島でミョンテを「明太魚」、「明太」と書いたことからきている。つまり「明太」とは「タラ」のことであり、「明太子」とは「タラコ」という意味になる。朝鮮半島では辛子明太という食べ物があるが、これは唐辛子で味付けした「タラ」である。[編集] 歴史スケトウダラを加工して食べる食文化は、朝鮮半島で17世紀ごろには広まっていた。日本に伝わったのは江戸時代である。戦前から戦中にかけて、国鉄は下関と当時日本領であった朝鮮(現・韓国)の釜山との間に関釜連絡船を運行していた。この連絡船を経由して、昭和初期から明太の卵巣の辛子漬け(「明卵漬」(ミョンナッジョ))が下関へ輸入された。これは唐辛子やニンニクでまぶした「キムチ」に近いものであった。さらに下関では日持ちをよくするために唐辛子をまぶす再加工をしていたといわれる。これは「まぶす」タイプの「からしめんたい」の先駆といえる。辛子明太子の名が広く一般家庭にまで知られようになったのは、1975年に山陽新幹線が博多駅まで開業した影響が大きい。のちの辛いものブームの追い風もあり、急速に全国へ波及した。1980年代には土産物の販売ルート以外にも、百貨店・量販店で広く販売された。現在は全国でおにぎり・パスタの具として広く利用・販売されている。2007年には、おにぎりなどの加工用辛子明太子の出荷量が、ついに土産用の辛子明太子の出荷量を逆転した。[編集] 販売形態卵巣の形を保ったままの高価なものは贈答や接待に用いられ比較的安価な形の崩れたものは家庭用として好まれるが、品質には特に違いはない。皮が切れたものを「きれこ」と称し、安く販売している。最近は、見た目に美しい見栄えのする「着色タイプ」と健康志向に対応した「無着色タイプ」が選べる店が多くなっている。[編集] 食べ方副菜としてそのまま食卓に供する。また酒肴やおにぎり、お茶漬けの具材としても好まれる。マヨネーズと和えて「めんたいマヨネーズ」としたり生クリームやチーズ、マヨネーズを加えたソースをパスタの上にかけて「たらこスパゲティ」(明太スパゲティとも)とすることもある。単純にほぐした明太子とバターをゆでたパスタとあえ、もみ海苔を降りかけたものも同名で呼ばれることがある。なお、お茶漬けの具材としては奈良漬と合わせ、一部のお茶漬け愛好家達の間で「緑茶漬けに合うゴールデンコンビ」とされている。[編集] 辛子明太子と明太子「明太子」という言葉は全国的に見れば辛子明太子のことを指す言葉として使われる場合が多いが福岡県をはじめとした西日本の一部地域では唐辛子を使わない、いわゆる「たらこ」を示す言葉として辛子明太子とは明確に使い分けられるため注意が必要である。前述の通り明太子とは「スケトウダラの子」という意味であり「たらこ」を示す言葉として使う方が本来正しいのだが、元々たらこを示す言葉としての「明太子」が使われない地域にお土産としてメジャーになった「辛子明太子」がもたらされるうちにその「辛子明太子」の略称としての「明太子」が全国的に広がっていった物と考えられる。料理名等に使われる時には上記の「明太スパゲティー」の様にさらに略した「明太」(めんたい)が「辛子明太子」を示す言葉として使われることもしばしば見受けられる。辛子明太子(からしめんたいこ)とはスケトウダラの卵巣を唐辛子等を使った調味液で味付けしたもので、食材および食品の一種である。近年は明太子と略されることも多いが、正しい言い方ではない。同じくスケトウダラの卵巣を材料とする食品にたらこがある。博多(福岡県福岡市)の名産品で、広く九州・山口地方の土産物としても知られる。しかし近年では一般化し、全国の食料品店でも容易に入手が可能である。イワシ(鰯・鰮)は、狭義にはニシン目魚類のうちいくつかの魚を指す呼称である。日本を含む世界各地で漁獲され、食用や飼料・肥料などに利用される。日本で「イワシ」といえば、一般的にニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシ計3種を指す。ただし、他にも名前に「イワシ」とついた魚は数多い。共通する特徴としては海水魚であること、全長は数cm-数十cmほどであること、遊泳能力が高いこと、群れで行動すること、鱗が剥がれ易いことなどが挙げられるが、広義のイワシではこれに該当しないものも多い日本語における「イワシ」の語源には諸説がある。陸に揚げるとすくに弱ってしまう魚であることから、「よわし」→「いわし」と変化した。 この説は有力ではあるが、「ヨ」が「イ」へと変わる転訛の例が他にない点では否定的に見られる。 身分の低い(卑しい)人々の食べ物であったことから、「いやし」→「いわし」。 藤原京、平城京出土の木簡には「伊委之」、「伊和志」の文字があり、鰯(日本で作られた漢字、国字)の最も古い使用例は、長屋王(684年?〜729年)邸宅跡から出土した木簡である[1]。なお、イワシを意味する漢字「鰯」は国字(和製漢字)であるが、中国で使用されることもある。中国語でイワシはおもに「鰮魚」もしくは英語のsardineを音訳した「沙丁魚」「撒丁魚」などと表記される。[編集] 利用イワシは、海に隣接する領域をもつほとんどの文化において主要な蛋白源の一つである。日本では刺身、塩焼き、フライ、天ぷら、酢の物、煮付けなどにして食用とする。稚魚や幼魚はちりめんじゃこ(しらす干し)、釜あげ(釜あげしらす)や煮干しの材料になる。欧米でも塩焼き、酢漬け、油漬け、缶詰(アンチョビ)などで食用にされる。水揚げ後は傷みやすいので、干物各種・缶詰・つみれなどの加工品として流通することが多い。栄養面では、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を豊富に含む。CoQ10も含まれる。その一方でプリン体も多量に含むため、高尿酸血症(痛風)の患者やその傾向にある者は摂取を控えるように言われることもある。[編集] 食用以外の文化食用以外にも魚油の採取、養殖魚や家畜の飼料、肥料などの用途がある。一部の文化では、イワシの頭は魔除けになるとされ、宗教的な意味を付与されている。例えば節分の風習「柊鰯」が挙げられる。棘があるヒイラギの葉と、小骨が多く臭みもあるイワシを玄関先に置くことで、鬼がこれらを嫌って家へ入れないようにするという意味がある。また、「鰯の頭も信心から」(他人から見ればつまらないような物でも、それを信仰している人にとっては大事なものである)ということわざもある。和名に「イワシ」と付く魚はニシン目以外にもいる。トウゴロウイワシやカライワシなどはイワシに似た沿岸魚だが、オキイワシは外洋を遊泳する大型魚、イトヒキイワシ・ハダカイワシ・セキトリイワシなどは深海魚である。ニシン目 - オグロイワシ、オキイワシ(サイトウ) ソトイワシ目 - ソトイワシ カライワシ目 - カライワシ ヒメ目 - イトヒキイワシ ハダカイワシ目 - ハダカイワシ キュウリウオ目 - ギンザケイワシ、セキトリイワシなど トウゴロウイワシ目 - トウゴロウイワシ、ムギイワシなど
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by uvrhs at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。